2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ともぐい

twitterでのつぶやきより


1:RT核には同族食いを禁じる機能が具備されています。もちろん、極端な空腹においては同族の死肉をむさぼる可能性はあります。このへんは食物摂取動態神経とA10神経あたりが作用しているのだと思いますが、この部分が人類の場合は過剰に進化した可能性がありそうです。

2:飢えと乾きを過剰に作り出す。これは貧困妄想などの精神疾患並びに古い精神外科の記録に残る脳梁部位関連灰白質の切除式の記録をみると、言語中枢上位になんらかの問題があると欲望が極端に増大するようです。

3:切除されたが故に機能がむき出しになるといっても良いのですが、人間特有というか、ほかの生物に顕著な特徴としてみられない欲望というものは、食物摂取動態機能と言語連合の進化が密接に関わっているものと現状で僕は作業仮説をたてています。そのうち論文にしてだれかにだしてもらいます。

4:人間の集団性ならびに欲求の多くはここ数万年で獲得されたものであり模伝的な要素が大脳機能に暫時的に可塑化されたものであり、器質進化的なものではないとも考えているんですよね。

5ここで群れの優位性がなにによって作り出されるのか。あるいは群れの機能というものは、いったいなんなのかってことになるとこれは群虫論や弾幕論などにも発展しますが、個体上位に関しても、個体と同じく種の保存法則が働くと考えても良いかと思います。しかし、現状の群れの機能はあくまでも数万年まえに可塑化されたものであり、現状で求められるている機能ではない。逆にいえば、種は最終的には絶滅がプログラムされているものですから、いまの道はある意味間違ってはいない。しかしながら、この人間という種を残すならば、いまの機能は欠陥だらけと言わざるを得ない。

6:まぁ、背骨なんかみていると、よく思うんですよね。これほど雑な設計をしたのは誰だってね。もし、人間の背骨を最初から設計できるならば三流の解剖学医でも、こんな設計にはしないでしょう。進化とは基本的には偶然と収斂の連続であり、正しいものとは限らないんですよね。ここで人間原理的なことを持ち出すつもりはありませが。人間の現状をもってして、社会を見るのはあまりにも愚かだと言わざるを得ないんですよね。進化の歴史のなかで人間なんかたったひと瞬きの長さももっていない。もし、人間よりも百万年も文明を維持している宇宙人がいたら、ここ十万年ほどの歴史のなかで地球でもっとも役割を果たした生物はなにかという議論になったとき、その場にいた学者たちは諸手をあげて、節足動物と昆虫だと断言すると思いますよ。この下等種である人間はそれなりに謙虚さをもたなければならないと思うんですよね。

7:背骨と違って社会はある程度設計がきくものなんですよね。そこに可能性も、まだあり得る。故にしんかのなかで獲得した神経作用を見直したほうがいいと思うんですよね。まっ、それが信仰というものの存在理由だったのかもしれませんが。

8:ゾンビを作るのはゾンビパウダーというものを使うのですが、一部の農園手と呪術士が結託して、傷口などにゾンビパウダーを塗りつけて、自発意識をうしなわせ奴隷労働をさせました。この毒物はテトロドトキシン、つまりふぐの毒です。ゾンビ伝説はそうした奴隷哀史からうまれたもののようです。

9:ブードゥーの宗教の本質はこうした呪詛にあるのではなく、奴隷として連れてこられたり、家族と引き離された人々が、その場で霊的な家族の契りを結ぶことにあったんですわ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://noranekoj.blog4.fc2.com/tb.php/87-7745c2ab

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

りんご親方

Author:りんご親方
FC2ブログへようこそ!PEGATINA2.jpg

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。