2017-06

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

netbookのすがた eeePC901X

ネットブックやミニpcとよばれる小さなパソコンが家電量販店でもパソコン売り上げの三割を占めるという状態になってきているそうだ。新しい物好きの林檎親方(筆者)のことですので、それはもう、販売まもなく手に入れました。asusから発売されたPC、初期モデルではなく、その地位を固めたeeepc901xというモデルです。
はっきりと購入日は覚えていないのだけれど、9月ころだったと思う。家には自作の強烈なデスクトップや個性豊かなマックなどをそろえているためにこのネットブックというものは非常にか弱い存在に見えました。早く起動すること以外はなにもとりえがない。そんな印象でしばらくつかっていました。

ところが、はっと気がつくとこの901を使っていることが多いんですよね。
かばんの中にいれっぱなしで時々、かばんの中から取り出して公衆無線LANや携帯をモデムにしてネットに接続している。普段からスマートフォンなどを持ち歩いているのだし、ipodtouchももっているのだから、そっちで接続してみればいいんでしょうけれども、どういうわけかかばんの中から取り出してつかっている。なにに使っているかといえば、前述したような端末では対応できない、ネットディスクやネット同期(DROPBOXのようなもの)を使っている。自宅で作った資料や、その場でつくったログなどをそうしたネットサービスで自宅のメインマシンに送り込んでしまう。もちろん、キーボードは狭いし、速度も遅い、けれども空いた時間に打ち込めるっていうのは時間を非常に効率的に使える。たった、数行の入力のために家や会社にもどりメインマシンをよいしょっとばかり電源スイッチをこして、起動時間をまって、アプリを起こして、必要な数行を入力する。いままではそういうことが当たり前だったし、そういう作業に関して負担は感じていなかったんだけれども、一旦、移動時間や休憩時間などにそうしたことをしてしまうと、もともとはだらしない人間だから、そっちのほうにながれてしまう。もちろん、家でも「たった数行だから、ネットブックで良いか」てなことも多い。空き時間にネットブックをたちあげて、数行を打ち込む、そしてネットディスクかネットシンクロサービスを利用する。すると、メインマシンには自動的にそうしたものがはいっている。こうしたことはネット環境とネット上のサービス、そして、ネットブックのようにそうしたものをライトに使える端末があるからこそできることだと思う。
また、このタフさと大バッテリーを組み込んだ一キロのノートブックは新聞のようにもつかえる。多分、ネットブックを持っている多くの人の家庭で見られる傾向だろうと思うけども、食事をしながら横目でスポーツサイトやネット新聞を読む。あるいは、テレビなどを家族でみていなかったら、itunesのようなソフトを使ってニュースやビデオをダウンロードして、それを見たり聞いたりする。何事にも気軽にネットを使える。それがネットブックの姿だと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://noranekoj.blog4.fc2.com/tb.php/54-a378f13d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

りんご親方

Author:りんご親方
FC2ブログへようこそ!PEGATINA2.jpg

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。